Business

【TikTok】って儲かるの?仕組みを解説:動画をバズらせたい方必見!

TikTokが流行って2~3年ほど経ちます。

いまだに人気が衰えていないですね。

 

この記事はTikTokって儲かるの?収益化出来るの?

やってみたいけど、バズらせるにはどうしたらいいの?

そんな疑問に答えていきたいと思います。

 

またこれから始めたい方にとって勉強になる教材なんかも紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

結論:収益化は出来ません・・・

 

 

いきなり結論ですが、現段階ではYouTubeみたいに、再生されれば収益という仕組みではありません。

 

ですが・・・・

TikTokは、世界的にユーザー数が爆伸びしているんです。

中国と日本だけのイメージがありますが、世界的に流行っています。

 

収益面で今後に期待が持てるプラットフォームと言えるでしょう!!

 

 

 

 

【TikTok】をやる意味

 

 

では、収益化が出来ないとしてもやっている方は多いです。

その理由は?

 

他の媒体への告知の為(YouTube、Twitter、インスタなど)

個人のブランディング(個人のブランド力を高めるため)

Twitterのように、コミュニケーションツールとして活用

流行りだから

 

 

などがあります。

 

 

ビジネス向けの考えの方は・・・・

TikTokをやっていると収益化に繋げていける可能性があるからやっているという側面もあります。

 

 

 

 

影響力が付いたら、収益化に繋げられる

 

 

現段階ではTikTokから直接収益化は出来ませんが、今から影響力をつけて、インフルエンサーとなれれば、他のビジネスでの効果が抜群です。

そんな狙いがあってやっている方も多いと思います。

 

 

【TikTokは今後収益化が直接できる様になる】

 

ここで表を見て下さい。

※出典元:https://ferret-plus.com/13454

 

 

TikTokは急成長ぶりがヤバいんです。

サービスの伸び率は、Twitterやインスタより急激なんです。

 

この成長を考えると収益の可能性が高いのが分かります。

 

今後の傾向

 

実は中国のTikTokでは、すでに儲かような仕組みになっているんです。

 

<中国版TikTokの機能>

 

ライブ配信:投げ銭

各ライブ配信の様に、視聴者が配信者にお金を送金できるシステムが出来てます。

 

ECサイト

中国版はECサイト(販売サイト)と連携しています。
そこで自分の商品を売ることが出来るんです。

 

すでに中国版では投げ銭で10万円~程稼いでいる人もいるそうです。

 

日本でも今後の可能性が高いことは分かったと思います。

 

 

 

 

フォロワーを増やす&動画をバズらせるには

 

 

TikTokはハードルが低いショートムービーなんです。

 

TikTokは、15~60秒のダサくてもOKな動画。

ダサくてもいいんです!!!

 

他のSNSに比べてはじめるハードルが低いのも特徴。

 

かっこいいとか・かわいいなどのインスタ映えみたいのは、いらないんです。

 

傾向としてリアル感があるほうが人気になります!

 

 

<他との比較で考えてみよう>

 

・YouTube:5~10分のセンスある動画が必要。

・Instagram:カッコいい、かわいい映えする写真、見栄えが必要。

・Twitter:センスがある、みんなに『おっ!』と思われる文章
 140文字で伝える文章能力。

 

でもTikTokはというと、ダサくてもOK!リアルさがウケるんです。

 

だから、投稿ハードルが低いから若者から人気が爆発したんですね!

 

今の傾向としては、ダサくてもいい、リアルさを追求しましょう!

 

 

 

 

 

【TikTok】をはじめる為のおすすめ教材【これで伸ばせます】

 

 

知識共有プラットフォーム「ブレイン」で伸ばし方、フォロワーの増やし方、バズらせかたを教材での販売があります。

 

どの分野でもそうですが、習ってサクッと効果を出したほうが、効率がいいです!

 

他の国の傾向を考えるとTikTokは今後も伸び率があると思います。

今ならまだ自分のブランド力を高めることが出来ます。

 

TikTokを伸ばしたい

今後に向けて自分の影響力を伸ばしたい

 

そんな方は一度詳細を確認してみて下さい!

>>はじめてのTikTokの教科書はこちらから

 

 

 

 

 

【TikTok】についてのまとめ

 

 

ここまでで分かった事

  • 現時点では収益化は出来ない
  • まだまだ今後に期待できる市場
  • 伸ばすためのおすすめの教材

 

今でも十分流行っている【TikTok】ですが、

まだまだ十分伸びてくる可能性があるし、今後は【TikTok】での収益化も狙えそうな市場であることが分かりましたね。

 

 

始めたい方は、上記の内容を確認していただき参考にしてください!

もっと深く追求したい方は教材も確認してみて下さい!

>>はじめてのTikTokの教科書はこちらから

 

 

是非この機会に【TikTok】を始めてみて下さい!

 

 

 

 

 

 

-Business

© 2020 ASAHI × 時流 × Blog Powered by AFFINGER5